2017年08月19日

在宅で市民税・都民税を支払ってみた

20170820_1.jpg

納税通知書をカシャリ





面倒な市民税・都民税の支払いが





iPhoneアプリで出来るらしいので




ダウンロードして試してみた







20170820_2.jpg

「読み込めない」というレビューが多く





評価が良くないが





とりあえずインストール






20170820_3.jpg

起動して[バーコード撮影開始]をタップし





納税通知書のバーコードを読み込む





20170820_4.jpg

iPhone 6s Plusだが簡単に読み込めた





読み取った数字が間違いないか確認してから[確認]をタップ




 
20170820_5.jpg

支払い先や金額を確認して




下の方にある[確認]ボタンを再度タップ





20170820_6.jpg

支払い手続きをする金融機関の選択したら





あとは指示通り手続きをすれば完了





んー、なかなか便利!





詳細はこちら

 
ラベル:モバイルレジ
posted by sammy at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

iMacで使用するHDDのIntelliParkを無効にしてみた

20170805_1.png

ISOイメージファイルをカシャリ





Western DigitalのHDDには





設定された時間アクセスがないとヘッドを退避させて





空気抵抗を減らし省エネ化する





IntelliParkとかいう機能が付加されているらしいが





待避する回数が異常に多くなり





メーカーの想定回数を簡単に超えてしまう勢いらしい







全てのモデルなのか





一部のモデルだけなのかは不明だが





こちらのサイトを参考にIntelliParkの設定を無効化してみた





ここからは保証対象外です。
設定を変更する場合は自己責任で・・・








ダウンロードしたISOファイルをDVDに焼いて





そのDVDから起動





20170805_2.jpg

HDDを選択





20170805_3.jpg

Device Info and Managementを選択





20170805_4.jpg

WDIDLE3 V1.05(Western Digital)を選択





20170805_5.jpg

Q:\USR\WDIDLE3>に続けて





wdidle3.exeと入力しさらに半角スペースを入力





続けて/Dなら設定を無効





/Rなら現在の設定時間を見ることができるらしいので





とりあえず/Rと入力





20170805_6.jpg

2台のHDDはどちらもタイマーが有効で





1TBのHDDは12.8秒





2TBのHDDは8.0秒に設定されていた





20170805_7.jpg

無事、無効にすることができた

 
posted by sammy at 00:33| Comment(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする